季節を楽しむカーテン

季節で変えるカーテンインテリア

カーテン、ファブリックで変えるインテリア。カーテン、ファブリックを替えて、季節に合わせてあなたのお部屋も模様替えしてみませんか?
カーテン、ファブリックはお部屋に着せる洋服のようなもの。季節ごとに衣替えするように、カーテンも替えてみませんか?
四季を楽しみ、快適に過ごすことができます。

カーテンの衣替えで季節を楽しむ

日本には、夏物と冬物の衣類を入れ替える「衣替え」という文化が定着しています。気候の変化への対応だけでなく、季節ごとの色やデザインなどを楽しむためにも、衣変えは大きな役割を担っています。
インテリアを彩るためのカーテン、ファブリックも衣類と同じように「衣替え」をすることで、ソファなど大きな家具を変えずに、カーテンで季節感をより一層楽しむことができます。

春・夏のカーテンとファブリック

だんだん強くなる日差しに映える明るい色使いがおすすめです。
素材は綿や麻などさっぱりしたものを選んで。
柄ものなら季節の花のプリントやストライプ、ドットなど華やかで元気な印象のものを。
ドレープカーテンの手前にレースカーテンを重ねるテクニックは部屋を涼しげに見せてくれます。
直に肌に触れるクッションカバーも夏向きの生地に交換しましょう。

春・夏のカーテン

春・夏のカーテン生地

秋・冬のカーテンとファブリック

ワインレッドやゴールドといった落ち着きのある色使い、ふっくらとしたモール生地や光沢のあるベルベッド素材が恋しくなる季節。
厚手のカーテン生地を選べば断熱効果も期待できます。
落ち着いた植物柄に濃い単色のドレープの重ね使いならリッチな印象に。
タッセルやクッションにも温かみのある素材やフリンジのついたものを選ぶと季節感がアップします。

秋・冬のカーテン

秋・冬のカーテン生地

簡単実践 カーテンのワンポイント衣替え

より簡単に季節感を演出したい方は、手軽に取り入れることができる小物を変化させるのがおすすめ。カーテン、クッションやタッセルなら、時間も手間もかけずに簡単に インテイアの衣替えが可能です。春夏なら鮮やかな色合いのクッションや、クリスタルを用いたタッセルでさわやかで涼しげな雰囲気に。 秋冬ならこっくり落ち着いた色合いのクッションや、起毛素材のタッセルであたたかみのあるインテリアに。