糸の宝石とも呼ばれる至高の美

ペルシャ絨毯

東と西の文化が行き交った東西交易の大道シルクロードで生まれ、幾千年も織り継がれてきたペルシャ絨毯。その華やかな文様、豊かな色彩、卓越した精緻な織りの技術で、最高峰の絨毯として世界中の人々に愛されてきました。有名工房や、代表的な産地として知られるクム、タブリーズ、イスファハン、ナインの作品を中心に、魅惑的なペルシャ絨毯の世界観をご紹介します。

伝統を織り継ぐペルシャ絨毯の名工房

ペルシャ絨毯 ラジャビアン工房

ペルシャ絨毯 クム産

マスミ工房

イスラム教の聖地“クム”は、絹の絨毯の産地としても有名。その中でも絨毯を芸術の域に高めたことで知られる“マスミ”は、独特の染色技術から生まれる色調が美しく、緻密な織りで繊細な柄を実現する、クムを代表する名門工房です。

約132×203cm

ペルシャ絨毯 ラジャビアン工房

ペルシャ絨毯 クム産

ラジャビアン工房

ペルシャ絨毯の世界でバラ柄のデザインを確立したことで有名になった工房。シルク独特のしなやかな手触りと艶やかな光沢が一層、絨毯の繊細さと華やかさを引立てます。

約52×81cm

ペルシャ絨毯 ジェッディ工房

ペルシャ絨毯 クム産

ジェッディ工房

パステル調のやわらかい色合いが特徴です。日本人の好みに合う仕上がりは、細かい花柄と草木染めの優しい色合いによるものと思われます。

約81×122cm

ペルシャ絨毯 ダルダシティ工房

ペルシャ絨毯 イスファハン産

ダルダシティ工房

イスファハンの中でも、シルクを多用した個性的な作風で知られています。この作品は同系色の糸だけで地にシルクを用い、柄をウールで織るという、まるで写真のネガのような作品に仕上がっています。

約134×212cm

ペルシャ絨毯 シャハプール工房

ペルシャ絨毯 イスファハン産

シャハプール工房

デザイン・製糸・染色から製作に至るまで、すべて自らの工房で行う数少ない工房。そのため寡作です。草木染めの深い味わい、手織りであるにも関わらずそのプロポーションの素晴らしさには驚かされます。

約163×238cm

多様な魅力溢れるペルシャ絨毯の有名産地

ペルシャ絨毯 ビジャー産

ペルシャ絨毯

ビジャー産

ビジャー産の絨毯は、その重みと優れた耐久性から、「鉄の絨毯」とも呼ばれます。横糸を3本使用して締めるため、とても厚く堅牢にできており、敷く場所を選ばないインテリア性と実用性を兼ね備えています。

約172×248cm

ペルシャ絨毯 タブリーズ産

ペルシャ絨毯

タブリーズ産

東西交易の要衝の地タブリーズでは、古くから絨毯の名品が多数つくられてきました。淡い色合いが優しく和ませる印象のこの作品は、ウールをベースに柄の一部にシルクを使うことで全体を立体的に演出しています。

約153×214cm

ペルシャ絨毯 ナイン産

ペルシャ絨毯

ナイン産

1920年代に砂漠のオアシス都市ナインで絨毯づくりが始まり、その正統派の意匠と品質の高さで一躍代表的な産地となりました。ナインらしいオーソドックスなメダリオン柄と鮮やかなペルシャンブルーが印象的な作品です。

約131×204cm

ペルシャ絨毯 カシャーン産

ペルシャ絨毯

カシャーン産

古くからタイルや絨毯などの伝統工芸の街として発達してきたカシャーン。シルク絨毯の発祥の地でもあります。伝統的なデザインとやわらかなベージュの配色が、シルクの美しい艶と相まって優しい印象の作品です。

約60×90cm

4月21日(金)~5月7日(日)の期間中は、その他にも多数のペルシャ絨毯をご覧いただけます。

世界の絨毯フェアページに戻る