あなたの暮らしをもっと快適に、楽しくしてくれる
インテリアに関するお役立ち情報、お届けします。

インテリア相談のご予約はこちらからインテリア相談のご予約はこちらから
リビング

リビングを広く見せるコツ、お教えします。

家族が集まる生活の中心であるリビングは、暮らしの大部分を占める大切な存在です。家族みんなが快適に暮らすために、リビングはできる限り広々、そして綺麗にしていたいもの。そこで、リビングを広く見せるちょっとしたコツをまとめてみました。

Point 01リビングを広く見せるための基本はソファの「サイズ」と「色合い」です。

リビングの主役となるのは、やっぱりソファです。ですから、ソファ選びが快適なリビングをつくるうえでもっとも大切なポイントになります。広々と見せたい場合、重視してほしいのがソファのサイズと色合いです。リビングとダイニングを仕切るように置く場合は、なるべく高さを抑えたソファを選びましょう。
ゆったりくつろぎたい方にはハイバックソファがおすすめですが、圧迫感が気になるところ。壁や天井などと近い色の張り地を選ぶことで空間と同化し、見た目の大きさが軽い印象になります。

リビング間取り図 ソファは低めで主張しすぎない色がおすすめ

Point 02リビングが広い場合は家具とのバランスを重視しましょう。

もし、広い部屋にお住まいの場合でも、ソファ選びが大きなポイントになってきます。広い部屋に小さい家具ではバランスが悪いため、L字ソファや、L字ソファにプラスして1人がけのリクライナーやオットマンを配置したり、2人掛けや3人掛けのソファを応接風に置くなど、空間に合わせたアイテムを選ぶことが大切です。

リビング
L字ソファは脚をゆったり伸ばして、くつろぐことができます。

Point 03お子様がいるご家庭は、リビングにフリースペースを確保するのもおすすめです。

また、リビングのレイアウトは広さだけでなく、家族構成によっても変わってくるのではないでしょうか。小さいお子様がいる場合は、お子様が動き回る動線を確保したいという声が多いようです。そういったケースにはあえてリビングの前にテーブルを置かずに、サイドテーブルだけにすることで場所を取らず、お子様も安心して動き回ることができます。お子様がいる場合は、リビングかダイニングのどちらかに家具を集中させて、お子様が遊べるスペースを用意するのもおすすめです。例えば、ダイニングをフリースペースにすれば、お母様が料理をしながらお子様を見守ることもできます。

リビング
ソファの前のリビングテーブルを外すと、お子様が動き回っても安心です。

Point 04リビングが狭い場合はダイニングと兼用するのもひとつの方法です。

リビングが狭いご家庭の場合、無理にリビングとダイニングを分けるのではなく、兼用にするのもひとつの方法です。例えば、お食事ができる低めのテーブルと、くつろぎ感もあるソファやベンチを配置します。そうすれば、空間にゆとりがうまれ、広く感じることができるうえに、通路も確保しやすくなります。

リビング間取り図
リビング
ソファと高さを調整できるテーブルを組み合わせれば、リビングとダイニングを兼用したスペースになります。

Recommended/おすすめ商品

カウチソファ「リンド」

カウチソファ「リンド」

コンパクトでシンプルデザインのカウチソファ

商品詳細を見る
ソファ「L/S Comfort-19」

ソファ「L/S Comfort-19」

背もたれが低めに設計されたコンパクトなモダンデザインが魅力

商品詳細を見る
ソファ「トレス」

ソファ「トレス」

ボリューム感をもたせ安定感のあるデザインのソファ

商品詳細を見る
カウチソファ「L/S Comfort-06」

カウチソファ
「L/S Comfort-06」

低めの背もたれが、すっきりとした空間を演出するカウチソファ

商品詳細を見る
リクライナー「9883」

リクライナー「9883」

ソファメーカーが手掛ける美しきリクライナー

商品詳細を見る
コーナーソファ「ホーリー」

コーナーソファ「ホーリー」

限られたスペースでもゆったり過ごせるソファ

商品詳細を見る
コーナーソファ 「アレッタ」

コーナーソファ 「アレッタ」

背もたれが可動しハイバックにできるソファ

商品詳細を見る
テーブル昇降式「OTLF」

テーブル昇降式「OTLF」

用途に合わせて高さが調節できるレバー付き昇降式テーブル

商品詳細を見る
テーブル昇降式 「アレッタ」

テーブル昇降式 「アレッタ」

天板の形状にリーフ型を採用した昇降式のダイニングテーブル

商品詳細を見る
インテリア相談 お申し込みはこちらインテリア相談 お申し込みはこちら あなたの家具「下取り・買取り」いたします。大塚家具のリユース事業ページはこちらあなたの家具「下取り・買取り」いたします。大塚家具のリユース事業ページはこちら PREMIUM COLLECTIONページはこちら3Dシュミレーター・ARアプリサービス-お部屋づくりをアプリがサポート

ページTOPへ戻る