NASAが考案した理論をもとに、世界的工業デザイナー奥山清行氏がデザインした
究極のリクライニングチェア“SORA”

腰痛や膝痛人口の多いアメリカで、1990年代のリラクゼーションブーム以来、注目を浴びたのがNASAのリサーチをもとに開発された「ゼログラビティ」姿勢理論です。
この「ゼログラビティ」姿勢理論をパーソナルチェアに忠実に取り入れた「True Zero Gravity®-SORA (トゥルー ゼログラビティー-ソラ)」。完璧な身体加重のバランスが生み出した究極のリラクゼーション姿勢を実現する全く新感覚のリクライニングチェアです。

シートの傾斜調整とフットレストの角度調整を電動で独立して行うことができ、傾斜角度を116度~最大153度まで無段階で調整できるので、利用者にとってリラックスできる最適な姿勢をとることが可能です。

下肢を上げることで腰椎部の屈曲を防ぐとともに、からだのラインが自然なS字カーブを維持しやすく、下肢の血液や体液を上半身に戻し、酸素の循環も促すことから、心拍や呼吸数が安定し副交感神経を高めることで、心身ともに高いリラクゼーション効果が得られます。

電動リクライニングチェア「SORA」の詳細はこちら