デンマークで100年以上受け継がれた伝統の品質

世界的に名高いデザイナーの家具を製造する
GETAMA社のソファとアームチェアが入荷

ソファ「VITA」

1958年にナナ&ヨルゲン・ディッツェル夫妻によってデザインされたソファ「VITA(ヴィータ)」とアームチェア「RING CHAIR(リングチェア)」がGETAMA社から復刻。オーク無垢材のフレームと宙に浮かぶような丸みを帯びた印象的なデザイン、無塗装の木部から感じられる温かみのある素材感や、妥協を許さない繊細な縫製といったディテールからも伝統の品質を感じることのできる逸品です。

Designer

  • ナナ&ヨルゲン・ディッツェル夫妻
  • ナナ・ディッツェルは1946年に工芸美術学校を卒業し、同年、夫であるヨルゲン・ディッツェル氏(1961年没)と共に事務所を設立。夫妻はフィン・ユールと仲が良く、そのデザインにはフィン・ユールの影響が多く見られます。それは柔らかな曲線で形作られたデザインによく現れています。ヨルゲンはフィン・ユールと同じデザイン学校で同僚として教鞭をとっていた時期もあります。
    夫妻は価値観を共有し、共同でデザイン作業にあたりました。1961年にヨルゲンが亡くなるまでのデザインは、夫妻のデザインとして連名となっています。

Brand

  • ナナ&ヨルゲン・ディッツェル

  • GETAMA社は今から100年以上遡る1899年に海に近いGedstedという町でマットレスを製造する工場として創業しました。当時のマットレスは海藻を詰め物として作られおり、その「Gedsted Tang(海藻)Mattress」という頭文字がGETAMA社の名前の由来となっています。時代の変化の中で、その求められる物を豊富な経験を基に作り上げて行く事で、自社の技術、品質を高め100年以上たった現在でも高品質の家具を製造し続けています。

ソファ「VITA(ヴィータ)」

ソファ「VITA(ヴィータ)」の詳細はこちら

アームチェア「RING CHAIR(リングチェア)」

アームチェア「RING CHAIR(リングチェア)」の詳細はこちら