“多灯分散”で豊かな空間演出

複数の照明を使うと、お部屋の中に
さらなる美しい光と快適性が手に入ります。

“多灯分散”で豊かな空間演出

少し前までは部屋の中央に部屋の隅々まで明るくする蛍光灯を設置する“一室一灯照明”がスタンダードでした。
しかしいま、センスのいい家の照明は多灯分散のスタイルが主流。お部屋に美しい光の景色をつくれるだけでなく、快適性が増し、省エネにも貢献します。

多灯分散とは?

ひとつの部屋に対してひとつの照明を使ってまんべんなく明るくする一室一灯照明に対して、多灯分散はそれぞれのスペースに必要なあかりを分散させる照明方法。
さまざまな光を組み合わせることでメリハリのある豊かな空間を演出できます。
食事、読書、くつろぎなどシーンに合わせて必要な照明を点けたり消したりできるので、ムダな消費電力が減ってエコな暮らしにもつながります。

多灯分散とは?

効果的な明かりの空間演出法

<リラックスできる集いの光>

家族それぞれがくつろぐリビングスペース。温かな光を放つ照明を選べば、自然とみんなが集い、団らんが生まれます。

リラックスできる集いの光
<光でお気に入りスポットを演出>

好きな小物や思い出の写真などをディスプレイしたお気に入りのスポット。そこに光を加えることで視線を集めることができます。

光でお気に入りスポットを演出
<影を生かしてドラマティックに>

大ぶりの観葉植物も夜には光の演出に一役。下方からライトアップすれば壁や天井に印象的な影が生まれます。

影を生かしてドラマティックに
<光でつくるおいしい食卓>

ペンダントライトはダイニングスペースに適しています。光源にも食事が美味しく見える光色を選びましょう。

光でつくるおいしい食卓
<あなたの場所にスタンドを>

ソファや一人掛けチェアの横に置くスタンドの光は手元の明るさを確保し、プライベートな空間を演出してくれます。

あなたの場所にスタンドを
<心地よい眠りに誘う光>

寝室の照明にも心を配って。明るすぎる照明は安眠の妨げになります。
ベッドサイドにはお休み前のひとときを穏やかに過ごせるような優しい光を。

心地よい眠りに誘う光

IDC照明カタログ無料請求はこちら