キャリアアップ

さまざまな部門におけるインテリアビジネスのプロフェッショナルを目指して

大塚家具では、一人ひとりの社員の「適性」や「キャリアプラン」、会社や各事業所の「必要性」などに合わせた「さまざまな部門でのキャリア形成」を考えています。
原則、「ショールーム」もしくは「サービスセンター」からスタートし、その後はさまざまな部門におけるインテリアビジネスのプロフェッショナルを目指します。

また、大塚家具では、なるべく多くの部署、役割を経験することで、幅広いビジネススキルを持った社員の育成に注力しています。
「期限付赴任研修制度」「社内公募制度」「キャリアプラン調査」などを実施し、社員が様々な仕事を身に付ける仕組みと部署間の人材交流を活性化させるシステムを体系化しています。

これらの制度によって幅広い仕事を経験し、また、キャリアアップを重ねていく事で最終的には「次世代の大塚家具を担う、プロフェッショナル」を目指してゆきます。

期限付赴任研修制度 原則3カ月以内の期間限定で他の事業所・部署へ赴任する制度です。
赴任先で新しい仕事を身に付け、業務の幅と質を広げてもらう為の研修制度であり、数多くの社員がこの制度で成長をしています。
社内公募制度 各事業所・部署に増員が必要となった際、該当事業所・部署への異動希望を募る「社内公募制度」を利用する場合があります。
希望者は書類審査及び該当部署の所属長との面談を通して、実際の異動が判断されます。
キャリアプラン調査 年に一度の人事考課を行う時に、自分のこれからのキャリアプランをどう考えているかアンケートを行っています。

TOPへ戻る