採用FAQ

経営理念を教えて下さい

「お客様に喜んでいただき、社員に喜んでもらい、結果として会社が繁栄する」です。
IDC大塚家具のすべての業務は、この経営理念に基づいて行われています。お客様に喜んでいただくためには、社員一人ひとりがお客様のニーズに応えるために何が出来るかを考え、実際の行動に移せなければなりません。しかし、その努力はお客様からの信頼へと結びつき、家具のご購入やその後の長いお付き合いという形で自分に跳ね返ってきます。
そして、社員とお客様との信頼関係が生み出す結果の積み重ねが、会社の繁栄へと繋がってゆくのです。

入社時の配属先の希望は出せますか

恐れ入りますが配属先につきましては会社で決定しております。
ただし、勤務地区(関東、中部、近畿、東北、九州)につきましては事前に希望を伺っています。ご入社の際は希望勤務地区内の事業所に配属いたします。
総合職での採用ですので入社後は他地区への異動の可能性がございます。

入社後のキャリアステップを教えてください

入社後は、原則ショールームまたはサービスセンターへの配属となります。
ショールームおよびサービスセンターはチーム制で運営されており、年次、性別に関係なく適性や能力に応じてチームのアシスタントマネージャー、マネージャーに任命される社員もおります。
その後はマネジメントコース(管理職)として次長、店長の職に就く社員、また営業、商品管理、総務等の職務において高い能力を発揮するエキスパート(管理職)として活躍する社員もおります。

本社各部、本社・大阪コントラクト営業部については年次、性別に関係なく適性や能力、業務の必要に応じて異動する可能性があります。
特に本社各部については営業活動をバックアップする専門職として、より高いスキルが求められていきます。
できるだけ多くの業務、ポジションを経験することでスキルを磨き、将来的に経営の中核を担う人材に成長してほしいと願っています。

将来は様々な部門・部署で働いてみたいのですが希望は出せますか?

入社後の異動につきましては、原則、本人の適性や能力、業務の必要性等を考慮して決定しています。
ただし、将来働いてみたい部門・部署については社内公募やキャリアプランアンケートを実施しています。異動の際はそれらの内容も参考に決定しています。

外国人留学生ですが応募できますか?

ご応募いただけます。実際に多くの外国人留学生が当社に入社し活躍しています。選考は日本人の学生の方と同じ方法で行います。
なお当社は接客業ですので、日本語での高いコミュニケーションスキル(読み、書き、会話力)が必要になります。

休日の取り方について教えてください

週休2日が原則です。とくにショールームではお客様の来館が多い、土・日・祝日は全員が出勤するようにしており、平日に定休をとっています。
また、ショールーム以外の部署では業務内容に合わせて休みの曜日を決めています。

生涯設計給付金について教えてください

社内の資格によって定める額を給与と合わせて毎月支給するという、従来の退職金制度に変わるシステムです。
その運用は各個人に任せていますので、現在の生活設計や自己啓発への活用、貯蓄、投資などさまざまのようです。
※試用期間終了後より支給いたします。

研修制度について教えてください

入社直前のスタートアップ研修をはじめ、さまざまな勉強会、研修会を随時行っています。
実際、新入社員の大半はほとんど知識のない状態で入社し、勉強会に積極的に参加して知識の向上を図っていますので、知識がないことを不安に思う必要はありません。
但し、教えてもらうという受け身の姿勢ではなく、さまざまなことに疑問を持ち、自ら学ぼうとする意欲・姿勢が必要です。
なお、インテリアのプロを養成するプログラムの一つとして、「IDCインテリアプロフェッショナル」という社内資格制度を設けています。

持っていた方がいい資格、入社後に役立つ資格はありますか?

インテリアや色彩、住環境に関するもの、また英語、中国語などの語学力や経理に関するもの、コンピューターに関する資格なども評価します。
将来は、スキルを生かしたフィールドでの活躍もあり得ます。

普通自動車免許は持っていた方が良いですか?

必須ではありませんが、お客様のご自宅にお伺いするなど、持っていた方が業務の幅は広がりますので取得をおすすめします。

ショールーム見学をしたいのですが、どうすればいいでしょうか?

予約は必要ありませんので、営業時間に自由にお立ち寄りください。

OB・OG訪問はできますか?

弊社ではリクルーター制はとっておらず、特定の社員をご紹介することはしていません。
学校の就職部やサークルでお調べいただくなどしてOB・OGへ直接お声がけください。
OB・OGのいらっしゃらない学校の方は人事部人事課へお問い合わせください。

育児支援制度について教えてください

IDC大塚家具では社員が子育てをしながら働き続けられるよう、さまざまな支援制度を設けています。
例えば、産前休暇・産後休暇はもちろん、育児休業制度、子どもが小学校入学前まで(法律上は3歳まで)の育児短時間勤務制度などを実施しています。
実際、該当社員のほとんどが上記の制度を利用し、育児と仕事の両立を実現しています。
また、その他にも介護休業制度、介護短時間勤務制度、再雇用制度なども設け、社員が長く力を発揮できる職場環境つくりに努めています。

取得実績

産休・育児休業取得者数 80名
産休・育児休業からの復帰率 93.75%
※2016年1月~12月のデータ

取得した社員

趙 亦嵐(育児短時間勤務 10:00~16:30)

女性が結婚、出産しても働きやすい環境が整っていることも入社を決めた理由です。
2010年に入社し新宿ショールームで研修を受けた後、銀座本店のオープニングスタッフに選ばれました。その後、出産、育児休業を経て、2015年6月から営業本部へ異動しインバウンド事業の企画や運営を経験しました。
現在は、外商部にてお客様やクライアントからのご要望に合わせた設計・プランニングの仕事を行っています。

TOPへ戻る