使う人に寄り添って考えることが
本当の提案

柴多 悠  YU SHIBATA


本社
コントラクト業務部
2010年入社

現在の仕事内容を教えてください

私が在籍しているコントラクト業務部は、おもにホテルやレストラン、オフィス、医療施設、マンション、一般住宅、商業施設などの空間プロデュースをする部署です。その中で私は、顧客の要望に添ってコンセプトの立案から家具内装や空間提案・設計をおこなうデザインチームに所属し、設計・デザイン業務を担当しています。
実際の業務の流れとしては、まず営業チームとともに依頼内容・要望をヒアリングし現場調査をします。そこからデザインを決定し、提案資料を作成、プレゼンテーションをおこないます。実際に家具を製作する際には、工場での検査も必要ですし、現場での工事・納品にも立ち会います。

大塚家具へ入社した理由は?

幼い頃から「考え」、ものを「つくる」ことが好きでした。また学生の時に建築学を専攻していて、建築やインテリアの空間づくりに興味を持っていました。就職活動をする中で、当社の建装部(現・コントラクト業務部)のことを知り、これは面白そうだと魅力を感じたのが最初の理由です。
住宅に関していえば、家具は人が毎日使うものです。その家具から空間を考えることは、限りなく利用する人の立場に近い考え方だと感じました。以前は格好いいものがデザインだと思っていましたし、奇抜で問題提起することばかりが提案だと思っていましたが、使う人に寄り添って考えることが本当の提案だと思います。
ショールームを持ち、エンドユーザーと密接に関わる会社だからこそできることがあると感じ、大塚家具を志望しました。

現在の仕事で印象に残るエピソードを教えてください

顧客との打ち合わせの中での私の確認不足で、納品直前になって不備が発覚してしまったことがあります。再度打ち合わせをし、工場とやり取りして何とか納期に間に合わせることができましたが、多くの関係者に迷惑を掛けたその失敗は忘れられません。
机上で設計したものと実際の使い勝手の違いを思い知るとともに、打ち合わせの難しさを痛感しました。それでも無事納品できて、お客様からの信頼を失わずに済んだことにものすごくホッとしたことを覚えています。

どのような人と一緒に働きたいですか?

考える人、物事を前に進める人。
問題提起と解決ができる人。

将来の目標やビジョンを教えてください

設計者として知識と経験を積むことが何より重要ですが、将来的には営業力を兼ね備えた、大きな利益を生み出す設計者になりたいです。

休日の過ごし方は?

1日は外に出て、1日はゆっくりと家で過ごします。

就職活動中の学生へ一言

大変な時はものすごく大変だけど、やりがいのある仕事だと思います。
やる気のある人は是非一緒に仕事をしましょう!

他の社員を見る

TOPへ戻る