大切に使ってきた家具を直して、
また何年も使ってもらえるような仕事がしたい

山口 まどか  MADOKA YAMAGUCHI


IDC工房
木工担当スタッフ
2016年入社

現在の仕事内容を教えてください

主に一般のお客様がご家庭で使用している家具の修理をしています。
グラついてきた椅子の組み直しや、ソファのフレームの補強など、内容は多岐に渡ります。
私達は基本的にお客様の前に出ることはないので、実際に修理したものがお客様の元に戻った時にどのような反応があるのかが分かりません。
そのため、自分自身がお客様の立場だとして、自分が修理に出した家具がどんな状態で戻ってくれば嬉しいか、ということを考えて修理しています。

大塚家具へ入社した理由は?

木工家具製作に興味があり、職業訓練校で勉強しました。
その時の経験から、簡単に作って捨ててしまう今の時代に、ただ家具を作るのではなく、大切に使ってきた家具を直して、また何年も使ってもらえるようにする修理の仕事をしたいと考えました。
大塚家具であれば、修理を仕事にできるサイクルを作る土壌があると考え、入社を決意しました。

仕事のやりがいを教えてください

まだ経験が浅く、先輩からの指導をいただくことも多いのですが、段々と一人で任せていただけることも増えてきました。
自分自身の技術の向上が、やりがいにつながっています。

職場の雰囲気はどうですか?

明るい人が多く、相談しやすい環境です。
家具製作の経験がある先輩が多いので、製作と修理の両方の視点を知ることができ、技術向上の支えになっています。

将来の目標やビジョンを教えてください

現在は、基本的に木工作業を行っていますが、研修として塗装や張替も行っています。
最終的には、全ての工程を一人で行えるように技術を習得したいと考えています。

休日の過ごし方は?

家の中で映画を見たり、ストレッチをしたり、リラックスして過ごすことが多いです。

就職活動中の学生へ一言

上手くいくこと、いかないこと、いろんなことがあるかと思います。
様々な人に会うことは、自分を成長させる機会と考え、悔いの残らないように乗り越えてください。

他の社員を見る

TOPへ戻る