研修制度

レベルアップをサポートする研修制度

質の高いコンサルティングを行うために、IDC大塚家具のアドバイザーには、素材、構造、仕上げといった商品の特長から、インテリアの歴史や様式、スタイリングの技術、建築図面の読解、アフターメンテナンスの技術まで、インテリアに関する幅広い専門知識が求められます。

IDC大塚家具では、配属先でのOJTを中心に、能力の向上や知識の体系化のための独自の研修プログラムを整えています。また、トータルスタイリングやカラーコーディネートなど、経験や実力に応じて受講できる総合的なプログラムを設けています。

さらに、ショールームのマネージャー、管理職、営業サポート部門、本社各部門、サービスセンター、工房スタッフ等においても、日々の実務に必要な知識の習得をはじめ、社員自身の向上心を高め、その熱意を応援する体制を整えています。

入社前研修(内定後~入社まで)

ショールーム見学会

内定後、まずは内定者同士の交流と会社理解を兼ねて『ショールーム見学会』を実施しています。
見学会では当社で活躍するインテリアアドバイザーが館内を案内いたします。就職活動中もショールーム見学は随時受け付けていますが、「お客様の立場」ではなく「働く場」として館内の構成や商品の価値について学んでいきます。

サービスセンター見学会

ショールーム見学会のあとは、『サービスセンター見学会』を行います。
ここでは、就職活動中には見られない物流の世界に触れることができます。当社は、自社で仕入・在庫・検品・配送を行っていますので、この物流のシステムを知ることで入社後、お客様にお届けまでご満足いただける知識を身につけていきます。
また、入社時はショールームまたはサービスセンターのどちらかからキャリア形成が始まりますので、入社前に理解しておく必要がある部署です。

1Day研修

10月以降は、「1日限定」の研修を行います。
インテリアの知識というよりは、ビジネスマナーや敬語など、社会人としての基礎を学んでいきます。
この研修をきっかけに、自分自身の課題を認識し、各自がそれぞれの方法で社会人になる準備を進めます。また、会社からも様々な課題を用意することで入社へのバックアップをしています。

スタートアップ研修

1Day研修のあとは、複数日に及ぶ本格的な導入研修を行います。
1Day研修や課題の復習に始まり、会社の知識やビジネスパーソンとしての心構え、インテリア業界の知識、会社の知識など幅広い内容を学んでいきます。
また、この研修で初めてインテリアに関する基礎知識を習得していきます。座って勉強するというよりは、実際にショールームを講師と一緒にまわりながら、実践的な知識を習得していきます。

※中途採用の場合は、このスタートアップ研修を入社時に1日~2日かけて実施します。

入社後~

配属事業所でのOJT

入社後の研修は、基本的に配属事業所での「OJT」を中心に行われます。
実際の仕事を通しながら職場での経験を積み、業務に必要なスキルを身に着けていきます。

事業所別勉強会

幅広い知識を習得する為、各事業所では随時「勉強会」を実施しています。
ショールームでは、各ブランドの勉強会や新商品の勉強会などを随時実施しています。場合によっては、ブランドやメーカーの方を招いて、勉強会を開催していただく事もあります。
また、サービスセンターや本社のスタッフにおいては、各々に求められる業務内容が異なる為、仕事内容に応じてさまざまな内容の勉強会を実施しています。
部署内での勉強会に加え、外部の勉強会に参加するなど、より専門性を高める体制を整えています。

レベルアップ研修(ショールーム社員)

ショールームに配属となった社員は、インテリア提案に必要な専門知識を身につけるため定期的に研修を行ないます。その内容は図面や色彩、照明計画などトータルコーディネートに必要な知識・スキルをはじめ、顧客心理や家具の歴史など多岐に渡ります。当社オリジナルの研修制度によりインテリアアドバイザーの成長をバックアップしています。

4年目~

マネージャー研修

複数の部下を持つチームマネージャーになった場合は、チームマネージメントに関する研修が始まります。
部下の指導や、チーム運営、チーム力強化などのマネージメントスキルを学ぶ「マネージャー研修」でより高い管理スキルを学んでいきます。

管理職研修

管理職になった際は、求められる成果や責任も一般の社員より大きくなり、それに伴う知識も幅広く高度なものとなります。
この「管理職研修」では、コンプライアンスや各種法律、高度なマネージメントスキルなどの幅広い知識に加えて、大人数を率いる事の重要性や責任感などの心構えも学んでいきます。

社内認定資格制度

IDCインテリアプロフェッショナル制度

高度な専門知識と技術を備えたアドバイザーの育成を目指し、社内資格制度「IDCインテリアプロフェッショナル制度」を2002年から発足しています。
商品知識、コンサルティング能力など、さらに高いレベルでお客様の期待にお応えできる、大塚家具ならではの真のプロフェッショナル「IDCインテリアスタイリスト」の育成に努めています。
年に一回の社内試験にて基準以上の点数を取り、かつ入社3年目以上で一定の営業実績を納めている社員のみが「IDCインテリアスタイリスト」になることが出来ます。まさに「IDCインテリアスタイリスト」はプロフェッショナル中のプロフェッショナルといえます。

TOPへ戻る