私たちのすべての仕事は
お客様満足につながっています

青海サービスセンター 所長 高畑 範行(1995年入社)

お仕事の内容を教えてください。
「配送」と「倉庫」の2つの機能を持つサービスセンターの管理を行っています。配送業務では日々の配送計画を管理し、配送スタッフの教育も行います。倉庫業務では日本全国からはもちろん、世界中から納品されるたくさんの商品を適切に管理します。当社はお求めやすい価格でご提供するため、商社、問屋を介さずメーカーから直接買い付け、自社倉庫で保管をしています。計画発注で日々大量の商品が入荷しますので管理する量も膨大です。
配送ではどのような点に気を遣っていますか?
当社ではお客様宅に到着したらまず名刺を渡してご挨拶した後、配送経路の確認、経路の傷の有無の確認、養生、という準備から始まり、商品の開梱、組立、設置、掃除、梱包材の引き取りまで、すべてを行います。棚やタンスなどの箱物は特にしっかり設置しないと扉がうまく開かないなどの不具合につながりますので、水平をとり、蝶番なども必ず調整します。また、棚板もお客様のご要望を伺って設置し、リクライニングなど動きのある家具はしっかりと動作確認をし、配送が終わったらすぐに使える状態にしています。これらは配送のプロとして当たり前のことですが、お客様には驚かれ、そして喜んでいただいています。
どのようなところにお仕事の難しさを感じますか?
当社のお客様は配送にも高いレベルの技術、サービス、礼節・マナーを期待されています。優れた配送スタッフでもお客様にご指摘を受けることがあります。意識は十分にあるのですが、それを伝えることの難しさは感じますね。接客も良いし商品も良い、それなのに配送は…ということがないよう精進しなければならないと思います。
倉庫業務のスタッフは店舗と比べて直接お客様に接する機会もなく、何のために仕事をしているのかが見えなくなりがちですが、私たちのすべての仕事はお客様満足につながっています。倉庫のスタッフにも助手として配送に出てもらい、お客様の満足されているお顔や家具が入ったお部屋を見たり、生のお声を聞くことでそれを実感し、仕事に活かしてもらえればと思っています。
どのようなところにやりがいを感じますか?
お客様の期待が高いがゆえに、配送が素晴らしかったとお客様からお褒めの言葉をいただくととても嬉しいです。お客様も営業スタッフも期待をしてくれているので、それに応えないといけないと思います。
あなたにとって「幸せをレイアウトする」とはどういうことですか?
幸せは目に見えないですし、点数があるわけでもありません。ただ心の中にあるものです。商品を通して満足を感じる空間作りの手助けとなり、目には見えないお客様の幸せに貢献できることではないかと思います。

※掲載内容は2016年7月時点の情報です。

スタッフインタビュー一覧へ >>