Shinでつくる、部屋別事例集

「壁面いっぱいに大きな収納が欲しい」、「窓周りを収納スペースとして活用したい」など、収納に対するご要望は置く場所やしまうものによってもさまざま。そんないろいろなお悩みを「Shin」で解決いたします。部屋別に収納スタイルをご紹介していますので、ぜひご参考にしてみてください。

リビングルーム

リビングルーム 「Shin」設置例

おく・しまう・みせるのバランスで居心地のいいリビングに

雑誌、コレクション、日用品……。リビングには大小さまざまなものが溢れています。
ここで人目に触れさせたくない、 細々としたものは引き出しの中に、思い出の写真やお気に入りの雑貨はガラス扉の中に入れるなど、しまい方に合った収納があれば、美しくまとまったリビングが完成します。

  • ガラス扉

    お気に入りのオブジェなどはガラス扉の中に、リビングの細々したものは引き出しへと使い分けることで空間もすっきりします。

  • 棚板

    棚板は可動棚になっているので、本や置物の高さによって、調節が可能です。

  • テレビボード

    テレビボードはキャスター付き。移動がスムーズなのでお掃除も楽々。また、テレビボードを設置した後でも配線が簡単です。

「Shin」だから叶う自由な組み合せ

限られたスペースをイメージ通りに使いたい…そんなお声にも「Shin」なら叶います。
壁面収納にデスクを組み合わせれば、リビングにもパーソナルスペースが生まれます。壁一面の収納でもホワイトの色が圧迫感を与えず、すっきりとまとまります。

腰窓の下のスペースの収納アイデア

腰窓の下のスペースの使い方として一般的なのはサイドボードを置くこと。腰高のサイドボードは収納としてだけではなく、写真やお気に入りの小物を飾るのにもぴったりなスペースです。もっと窓を活かして収納力をアップさせたいという方に新しいレイアウトのご提案です。

ダイニングルーム

ダイニングルーム 「Shin」設置例

出し入れしやすい「おく」収納ですっきりきれいなダイニングスペース

ダイニングルームの収納といえば食器がメインですが、家電や料理本、カトラリーなど、高さや大きさが異なるものもたくさん。
効率よく出し入れできるよう、しまうものの特徴を考えてアイテムを組み合わせましょう。ガラス扉やオープン棚の収納を組み合わせれば、どこに何が入っているかも一目でわかるので、使い勝手も抜群です。
また、腰高窓のある壁面に、高さの違う組み合わせで収納家具を置いてみたり、思い切って低めの収納家具にテーブルを付けて、天板の上をカウンター変わりにしてみてもよいのでは。

ダイニングルーム 「Shin」設置例

見せる収納にこだわれば、カップボードもダイニングの主役に

お気に入りの食器やコレクション、家族の思い出の写真などカップボードに飾りたいものはさまざま。「Shin」ならそのものに合わせて、オープンタイプや埃の入らないガラス扉タイプを組み合わせることが可能です。
エレガントなスタイルのお部屋なら框タイプがおすすめ。ホワイトなら飾るものや家具を引き立てながら圧迫感なく合わせられます。

キッチン

キッチン 「Shin」設置例

お手入れしやすいステンレス天板ならキッチンでも気兼ねなく

「Shin」をキッチンでも使いたいというご要望から、
ステンレス天板をつくりました。
ステンレス天板なら汚れてもお手入れが簡単。
下台は馴染みやすいホワイト色や、
アクセントカラーを取り入れるのもおすすめです。

ベッドルーム

ベッドルーム 「Shin」設置例

「Shin」で叶えるこだわりの衣類収納

着物や大切な衣類の収納場所として桐箪笥に憧れるものの、マンション内に置く場所が取れなかったり、部屋のインテリアと馴染まなかったり。
そんな悩みもユニット収納「Shin」なら解決できます。
両サイドの衣類収納には、Cハイグレードタイプを組み合わせています。Cハイグレードタイプは、広島・府中の家具職人が上質な桐を厳選し伝統的な技法を取り入れ、丹精込めて造られています。

  • ワードローブ

    ワードローブは上下2段のポール付き。下段は高さ調節が可能です。

  • ハイチェスト上台

    ハイチェストの上台はボックスタイプ。帽子やかさばるハンドバックなどもしまえます。

  • 内部桐材

    たとう紙もしまえるチェスト内部は、厳選された桐を使って広島・府中の家具職人の手でつくられています。

オーダーであつらえたような憧れのクローゼット

収納の悩みの一つにあげられるのが、クローゼット内のしまい方。限られたスペースの中で活躍するのが、キャスター付き収納家具。洋服を掛けたその下のスペースを有効活用できます。オーダーであつらえたような、憧れのクローゼットも夢ではありません。

自分だけの空間でゆっくり身支度できるクローゼット

洋服もバックもアクセサリーも全部しまえるクローゼットをユニット収納で実現。収納を背合わせにおいて間仕切りとして使用すれば、リフォームなしでも空間のゾーニングが可能です。

スタディルーム

スタディルーム 「Shin」設置例

書斎をもっとプライベートな空間に

書斎スペースは細々としたものも多く、デスク脇の収納だけでは足りないということもしばしば。
そこで、しまいたいものに合わせて収納をカスタマイズしましょう。
帰宅して、さっと上着を掛けられるオープンタイプのワードローブが書斎にあると、とても便利です。

  • ワードローブ

    リビングワードローブのハンガー部分はスライド式。奥の上着を取り出すのに便利です。

  • 本棚

    下部より奥行きの浅いオープンの収納を組み合わせれば、デスクの横にちょうど良い本棚が誕生します。チェアに座ったまま書籍をすぐに取り出せて便利です。

スタディルーム 「Shin」設置例

スタディルームにもこだわって

パーソナルスペースとしてこだわりたいのがスタディルーム。デスクはデザインを重視すると、カラーやサイズが限定されがち。
ユニット収納 「Shin」なら、デザインもカラーもこだわりが叶います。

玄関

玄関 「Shin」設置例

玄関まわりを美しく、スペースを賢く利用する

「既存のシューズボックスでは、なかなか理想のものが見つからない。」「靴だけでなく、玄関まわりの雑多なものをしまえる収納が欲しい。」など、玄関収納にお困りの方が多いです。
「Shin」のエントランスユニットなら、スポーツ用具や防災用品など、靴以外にも収納ができ、玄関まわりをすっきりと見せることができます。

社員も愛するShin

より多くの収納スタイルをサポートしたいという思いから誕生した、ユニット収納「Shin」。
そこで大塚家具の社員が、「Shin」で手に入れた理想の収納をご紹介します。

エレガントなデザインと機能性を両立した収納

備え付けのウォークインクローゼットに「掛ける」収納は豊富。
だからこそ、しまうために「棚」と「引出し」を組み合わせた収納にこだわりました。

【 設置箇所:寝室 】

■なぜ「Shin」を購入しようと思いましたか?

  • ・デザインと機能の両立。

  • エレガントなデザインで収納をずっと探していたのですが、デザインの良いものは少なく、あったとしてもサイズが選べなかったり、引出しのつくりが良くなかったりと、価格面も含めて機能も満たすものになかなか出逢えませんでした。

  • 逆に従来の箪笥では、つくりは良くてもデザインが重々しかったり、一般的なシステム収納ではサイズ面で応用が利いても、シンプル過ぎてデザイン的に物足りなさがありました。

  • その点、「Shin」は、エレガントなデザインを選べる上、サイズや用途にあわせてユニットの組み合わせができ、引出しなどのつくりもしっかりしていて、やっと理想のものに出会えた!という感じです。

  • 「掛ける」洋服は、備えつけのウォークインクローゼットで収まるので、足りない「畳むもの」をしまうために、「棚」と「引出し」で組み合わせました。

■実際に使ってみて「これは便利!」というポイントは?

  • ・まず、収納するところがきちんとあると、片付けるようになる!

  • 気に入っている収納ならなおさらです。

  • ・サイズがよく考えられている。

  • 幅は壁のスペースに、高さは腰窓の下に丁度おさまりました。60cm幅は横に畳んだ洋服が2枚、90cm幅は3枚入るサイズで無駄なく収納しやすい。

  • ・衣類だけでなく、本なども収納できて便利。

■どのようなものを収納していますか?

  • ・引出し:下着類、靴下・ストッキング類、ベルト、ニット、Tシャツ、小物類

  • (アクセサリー、手袋、ファー)など

  • ・棚、ガラス扉:衣類(パンツ、ニットなど畳んでしまうもの)、バッグ類、本

  • など

エレガントなデザインと機能性を両立した収納

おく・しまう・みせるを叶える壁面収納兼テレビ台。自由に組み合せられるユニット収納「Shin」だからこそ、将来的な組み替えも考えて。

【 設置箇所:リビング 】

■なぜ「Shin」を購入しようと思いましたか?

  • ・エレガントタイプのデザイン

  • ・豊富な収納力・間取りに合わせて選べるサイズバリエーション・リーズナブル

  • な価格「おく・しまう・みせる」を叶えられるユニットで組み合わせ、リビングの主役になっています。
    ゆくゆくはテレビ台を別に購入して、収納のみとして使う予定です。そういった融通のきくところも魅力です。

■実際に使ってみて「これは便利!」というポイントは?

  • ・両サイドのピラーキャビネットはデザインが気に入って購入しましたが、幅が

  • コンパクトな割りに思いのほか収納力があり重宝しています。

  • ファイル類・説明書など細いスペースだと倒れないので収納しやすいです。

■買い替える前はどのようなものを使っていましたか?

  • ・引っ越しに際して購入しましたが、前の家ではリビングボードは無く、テレビ

  • 台は幅1100mm程度のオープンタイプの物を使っていました。

■どのようなものを収納していますか?

  • ・ガラス扉:食器(グラス、プレート、お客様用カップ&ソーサー・ティーポッ

  • ト)、ガラスの小物など

  • ・テレビ台:テレビ、写真立て、ビデオデッキ、DVDなど

窓を活かした組み合わせと高さをカスタマイズ

ユニット収納「Shin」なら、使い方をイメージして思いのままカスタマイズ。

【 設置箇所:仕事部屋 】

■なぜ「Shin」を購入しようと思いましたか?

  • ・使用中の家具と並べて使うためサイズに制限があり、かつ窓を避けてL字型に収

  • 納を配置したかったのと、プリンターを置く台を兼ねた家具を探していました。

  • ・将来的に組み替えて別の部屋でも使用できるという点と、使用用途に合わせ

  • て引出しやオープンなど自由に選べて(以前の書棚はオープンの部分が多く、隠す収納が少なく不便でした)天井ぎりぎりまでオーダーで高さも調整できる点も魅力と感じ、選んだ理由です。

実際に使ってみて「これは便利!」というポイントは?

  • ・Cタイプの扉はプッシュラッチ(押すと扉が開く仕様)のため、手がふさがっ

  • ていても開閉がしやすい。

買い替える前はどのようなものを使っていましたか?

  • ・デスク、書棚を並べて使用していましたが買い足しを繰り返したので統一感も

  • なく、収納力にも欠け使い勝手が悪かったので買い替えました。

リビングに子供の衣類を違和感なく収納

小さなうちは子ども部屋に収納があるよりも、リビングにある方が便利。「Shin」ならリビングでも、将来の子ども部屋でも使えます。

【 設置箇所:リビング 】

■なぜ「Shin」を購入しようと思いましたか?

  • ・通常のシステム収納よりバリエーションが豊富で、イメージ通りの組み合わせ

  • がリーズナブルに叶えられる点です。

  • ・将来的には、組み替えて子ども部屋に設置できる点もポイントでした。

■実際に使ってみて「これは便利!」というポイントは?

  • ・リビングワードローブはテレビ台と組み合わせても違和感がなく、リビングに

  • 子どもの衣類を掛けるものと畳むものに分けて収納できるのが便利です。

■買い替える前はどのようなものを使っていましたか?

  • ・家電量販店で、テレビとセットで販売しているテレビ台を使用していました。

■どのようなものを収納していますか?

  • ・リビングワードローブ:子どもの衣類

  • ・テレビ台:テレビ、AV機器、DVD、ゲームソフトなど

IDCユニット収納 Shin カタログ ダウンロードはこちら

IDCユニット収納 Shin パーツ詳細 ダウンロードはこちら

Shin トップページへ