• インテリアのポイント③
    収納

    収納のコツである3つのメソッドを利用してスペースの有効活用をしましょう。

どんなに素敵な住まいでも散らかっていては台無しです。単に大きな収納スペースをつくるのではなく「どこに、何を、どんな風にしまうのか」を考えることが大切。食器や本、洋服、食品など、しまうものに適した収納を使いやすい場所に設けることが収納計画を成功させる秘訣です。

収納計画 成功のコツ

3つのメソッド「おく・しまう・みせる」

ただ、ものをしまうのではなく、ものにあったしまい方をすることで、使いやすく見た目にも美しい収納が叶います。

おく

おく

使用頻度の高いものは使いやすく収納

しまう

しまう

普段使わないもの、細々としたものは隠して収納

みせる

みせる

お気に入りのアイテムを飾る「見せ場」を空間のアクセントに

「床より壁」でスペースを使いきる

収納に割いた場所をいかに無駄なく使えるかが重要です。ポイントは収納場所を床面積ではなく壁面積で考えること。 例えば、ウォークインクロゼットは人が通れるだけの床面積を必要とするわりには思ったほど収納できないということも。 壁面を効率よく使える計画をたてましょう。

新発想の収納 ユニット収納「Shin」はこちら