椅子肘付セダンSP#NAPPA革パール 

椅子肘付セダンSP#NAPPA革パール 

ソフトで体にフィットする掛け心地が魅力 巨匠ヨーゼフ・ホフマンの名作の復刻を手掛け、伝統を守りながらクオリティの高い家具を作り続けるオーストリアの名門ブランドのダイニングチェア。独創的なデザインで美しさだけでなく座り心地も追及しています。 伝統を守り、クオリティの高い家具を作り続ける名門ブランド WITTMANN [ヴィットマン] ウィーン分離派の活躍の舞台となった、オーストリアを代表するブランド「ヴィットマン」は、100年以上前から職人の手仕事による伝統的な家具を作り続けている名門。 工程のすべてが、代々受け継がれている手法によって行われており、そのクオリティの高さは世界中で評価されています。 近年では、世界的に活躍する著名なデザイナーを起用して、「Physical Comfort = 肉体的な心地よさ」をテーマに掲げた家具を発表し、注目を集めています。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
 幅580X奥行630X高さ860
 座面高460

■仕様
 ・張地:本革(セミアニリン染め)
 ・材質:ビーチ材
 ・クッション材:ポケットコイルスプリング、ウェイビングテープ

■デザイン
 Jan Armgardt(ヤーン・アルムガード)

※表示の価格は2018年10月31日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。