モダンダンスの祖イサドラ・ダンカンをイメージして製作された椅子「イサドラ」革キャメル色

2018年ミラノサローネで発表されたロベルト・ラッツォーニがデザインのダイニングチェア。木部で力強さ、レザー部で軽やかさを表現して製作された椅子の組み合わせはフラウの技術力を結集させたダイニングです。
※写真はイメージです。
※同シリーズのダイニングテーブルは別売りです。

 

 

※写真はイメージです。

 

 

良質なレザーを使いモダンなイタリアンデザインであり尚且つ、日本人の体型に合わせた「日本サイズ」で作られているダイニングチェアです。
※写真はイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木フレーム(ダークブラウン色)と革シーティングをシームレスにし、シーティングを浮かせてみせたデザインです。

 

 

 

 

脚はシックなアッシュ材を使用しています。

 

 

 

 

 

 

1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。
職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、 ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。
ポルトローナ・フラウ社の家具は伝統的な職人技を駆使して生み出されます。
機械に頼らず、熟練の職人の手によってつくることにこだわり、伝統技術を守り続ける一方で、現在もさまざまな新モデルを開発するなど、常に将来を見据えて進む姿勢に老舗ブランドの風格が感じられます。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
 幅490X奥行550X高さ810
 座面高460

■材質
・フレーム:バーチ材(突板)
・脚:アッシュ材

■張地
 牛革キャメル色(saddle extra)

■クッション材
 モールドウレタン

■Milano Salone 2018出品モデル

■デザイン
 ロベルト・ラッツォーニ

■ブランド
 ポルトローナ・フラウ

■生産国
 イタリア

poltronafrau

>ブランドページへ

※表示の価格は2019年4月22日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。