ダイニングテーブル(丸)209EB EB ホワイト

 

 

白い天板がアクセントになったブナ材の丸テーブル「209EB」。 シンプルで軽やかなフォルムですが、さりげなく曲げ木の技術が使われています。 100年以上の歴史を持つ曲木家具専門ブランド秋田木工の定番のテーブルを、リ・デザインしました。 「お気に入りの1点」を見つけ、それに合わせて少しずつ家具を買い足していくことで「成長していく」インテリアをコンセプトとしています。

 

ホワイト色の天板とナチュラル色の脚部のやわらかなコントラストが洗練された印象を与えます。

 

クロスに抜きの入った脚は、アクセントを与えるとともに、強度も高めています。

1世紀を超えてもなお愛され続ける曲木家具

曲げ木とは、その名の通り、無垢の木材を高温の蒸気で蒸して曲げる技術。曲げ木の描く緩やかな曲線は、デザイン性と機能性の双方を追い求めた、1つの答えです。「暮らしの中で、快適に使える家具であるように。」 そんな想いを実現するために、デザインやパーツで微妙に曲げの角度を変え、木の太さや滑らかさ、色などにこだわり、すべて熟練した職人の手で一つひとつ作られます。

曲木家具をつくり続ける日本唯一の専門工房 Akimoku [秋田木工]

100年以上の歴史を持ち、曲木家具をつくり続ける日本唯一の専門工房「秋田木工」。積み重ねた伝統を守り、熟練した職人達の手によって生み出された曲木家具は、今もその輝きが衰えることはありません。

スペック情報

■サイズ(単位:mm)
幅900X奥行900X高さ720

■仕様
材質:ブナ材
塗装:ウレタン塗装
低ホルムアルデヒド仕様

曲木製品は、部材を蒸釜にいれ蒸煮した上で一つ一つ手作業で曲げ工程を行います。部材によって、木本来の性質上赤みが出る場合があります。天然素材ゆえ個々パーツにより色の度合いは異なりますがご了承下さい。

秋田木工サイト

>ブランドページへ

※表示の価格は2018年11月29日現在の税込価格です。

※掲載商品の価格、仕様等を変更、または中止する場合がございますのでご了承ください。

※ショールームによって、掲載商品が展示されていない場合がございます。

※商品の色や風合いは、コンピュータディスプレイの性質上、実際とは異なって見える場合がございます。